FC2ブログ

マスクを作る

2020-03-12

Tag :

新型コロナウイルス騒ぎで店頭からマスクが消えました。
花粉症もあるので、マスクはいつも持っていますが残りも少なくなってきたので
晒の布でマスクを作りました。
いつも使っている不織布のマスクの大きさと形を参考にして
適当な大きさに布を切り、まず四角いマスクを作ってみました。

四角い形だとやはりフィット感が悪いのでタックを3つ4つ入れてみました。
内側はポケットをつけて(下を折り返しただけ)みたけれど
内側にもタックがあったほうがいいな~と、
3回目にはやっと自分にぴったりのマスクが出来ました。

なるべく縫うところが少ないように中表にしたときにタックの向きを
気を付けてゴムも最初からいれておきました。

ウイルスは通すかもしれないけどとりあえずマスクをしている、という
安心感と快適感は味わえます。

失敗したら縫い直せばいいだけ、手縫いなので簡単です。


R0142963.jpg

内側
R0142964.jpg

装着
R0142966.jpg

表と裏を重ねてタックをとればもっと簡単ですが、別別のほうが空気の層ができるかな?
と思って数をかえてみました。
不織布のマスクと違って息苦しくないし曇らないし、装着感はいいです。
あまり布を重ねすぎると息苦しいので、私は2枚にしました。
別布ガーゼやティッシュで調節します。

かわいい布やハンカチなどでお子さんたちと作ってみたらいかがでしょう。

19弦カンテレ弦交換

2020-02-28

Tag :

4年少しずっと弾いていたカンテレの弦の音が悪くなって
昨年1月ごろにトーザイに注文しました。
送られた弦がほとんど錆びていたのでその旨メールしたところ
画像を送ってほしいというので送りました。

R0142403.jpg


代わりの弦をフィンランドに注文するのでしばらく待ってほしいと
メールがあり、3か月たっても届かず催促のメールにまたしばらく
待ってほしいメールが来ましたがその後は何度メールしても
返信なく1年経過、これはフィンランドのせいではないと確信。

業者の対応の不誠実さに腹立たしさを感じました。
以前も不良品を交換してもらうときに、郵送料をあとから振り込むと
いいながら送られてないし、普通は着払いで返送だと思うのに
基本的な対応が悪い。

新品のキラキラの弦ではないけど、自分で紙やすりで磨き
全部の弦を交換しました。

これがとても大変で、手順としては
弦を緩めて取り換える新しい弦の長さを同じにそろえて切る。
ペグの穴に差し込んだら、1センチほど折り返し穴に入れて
もとのように巻きなおす。

R0142952.jpg

緩めたところ。ペグの緩め方が足りないとペグが埋まってしまうので注意。

R0142954.jpg

この状態を絵にかいておきその通りの向きに弦を折り返すと間違えがない。

簡単に書くとこれだけなんだけど、微妙にペグの高さがバラバラになったり
何度もやりなおすと弦が折れて切れてしまったり
ペグの穴がゆるくなって音程を保てなくなったり
19の弦を水平にそろえるのも大切だし、とても苦労しました。

何度もやり直した8番目のペグの穴が緩んでしまい途方にくれましたが
先生にお聞きして「木くずを入れるといいらしい」というので
たまたま隣人がサンダーをかけていたので杉の木くずを譲ってもらい
ペグを抜いて濡らした綿棒で穴をふいて木くずを入れて下にテープを貼って
ペグを回したらなんとかとまりました。
接着材を入れるという方法はどうかなと思いましたし
とてもアナログだけど一番安心な方法かと思います。

自分の楽器だし自分で弦の交換やカンテレの手入れをしたいし
しなければならずここ数週間は背中が筋肉痛になるほど
カンテレのメンテナンスにあけくれました。

乾燥の季節に全部の弦を交換したのはまずかったのかな?とか
いろいろわからないことだらけでしたが
音の伸び方が全然違うし、若い音だけどさわやかで気持ちよくて
弾くモチベーションがあがり新しい曲を2曲作りました。

私はもともと家でこもっての織物の仕事、影響はあまりないのですが、
それでもコロナウイルスでコンサートやイベント中止、美術館閉館、
経済的にも多大の損害でしょう。

でもこの休暇を、庭仕事をしてみる、読書をする、新しいメニューを考える、
ゆっくりできることをやってみるというのもひとつの方法かと思います。

コロナウイルスが一日も早く収束しますように。

アトリエ開き

2019-12-30

Tag :

12月から自分のアトリエで少人数の教室を始めました。
毎月いらっしゃる方や、ビジターとしていらっしゃる方、
たとえばビジターの方は織り機を持っていないけど経験者、
ときどき織りたい、またはわからないことを聞きたい
という方に向けてです。

今月のビジターさんは、織るのがとても上手な方で、
4枚そうこう4本足でろくろ機を使い杉綾のマフラーを2日で織りあげました。
配色のアドバイスと組織図の説明をしました。
自分で織りやすい通し方に変える方法や組織図の見方等です。

R0142896.jpg

オレンジ色と黄色のラインを最初は別の色を考えていらっしゃったので、
ポイントになるようアドバイスしました。

R0142912.jpg

教室の方はカシミヤのマフラー、ラムウールの広幅のひざかけを始めました。
クリスマス近い日だったので、合間に庭先の蔓や槙、アイビー、
キンカンなどでリースを作りました。

とても楽しそうで良かったです。

R0142913.jpg

1日講習なども随時企画していきたいと思います。

技術的専門的な織物のご質問に対してもお受けしておりますが、
回答は有料になりますのでよろしくお願いします。

災害の多い1年でしたが来年は皆さま健康で和やかな年でありますよう
お祈り申し上げます。

ノア10歳

2019-12-23

Tag :

12月21日にノアが10歳になりました。
甘えん坊で鬼ごっこが好きなノア。
最近のノアブームはキンカンの枝を齧ることです。
おもちゃはあまり遊ばないのに、こんなものが好きなのね。

R0142920.jpg
R0142921.jpg

実の方を食べてくれたほうが栄養になるんだけど。
枝が落ちると拾ってまたガジガジしています。

部屋の日当たりが良いので元気です。

ベストが人気

2019-11-25

Tag :

今年の個展、「織りを着る」が終了しました。

ベストの制作時間が結構かかってしまい、新作のマフラーと帽子が少なくて
どうなることかと不安でしたが、新作のベスト、好評いただきました。

R0142866.jpg

3枚はぎのベストは着方をパネルにしてお客様にわかりやすいよう
にしました。

R0142863.jpg

帽子とベストを組み合わせてお買い上げくださる方もいて
両方着用するとより魅力的に見えました。

ベストとしても裏表、上下着られてマフラーにもなると
あまりに便利すぎて、マフラーが売れませんでした。(^^;)

なるべく四角いままの衣にしたくてあれこれ考えたのですが、
次回はもっと面白い形を発見したいと思います。

「マフラーにもなるベスト」というのが私のオリジナリティかなと思います。

風邪も流行っていたし雨の寒い日もありましたが、ご来場いただき
まことにありがとうございました。

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索