マイオカリナ出来たヾ(@~▽~@)ノ

2008-06-30

Tag :

先月に作ったオカリナを素焼きしておいてもらい
今回は磨きと調音。

最初に指を全部ふさいで、ラの音がちゃんと出るように
穴のあいている面を削りすぎると音が変わってしまう。
口のあたりと接着面は磨いても大丈夫。

「ドレミファソラシドレミ」
と吹いていきひとつひとつの音が合っているか調整。

音が低い場合は穴を少し大きくヤスリで整える。
開けすぎると高くなりすぎるから気をつけて吹いては開け、開けては吹く。
段々マーブル模様も見えてきて綺麗。

okarina2.jpg

自分の指の位置に合わせてあるので持ちやすい。
そして音が柔らかくて温かい。
吹き口の所だけニスを塗った。

私が作ったもの(左)ナイトのオカリナ(右)

okarina4.jpg

私が作ったもののほうがちょっと大きめ。20グラムくらい重い。

朝の9時から昼12時までひたすら磨いて音を合わせ、
出来上がったオカリナを持って友達の山小屋でバーベキュー。
ちょうど雨も上がってしっとりした山の空気の中、
鳥の声を聞きながらオカリナを演奏したり
薫製タマゴを食べたり、
ポトフを食べたり、
梅雨どきのバーベキュー、どうなることかと思ったけど
思いの外楽しかった。

お花の飾り

2008-06-27

Tag :

kazari.jpg


これは何かというと、
帽子の飾りを作っている。
和紙の帽子に何か違うアクセントが欲しいな、と思って
お花のプリントをリボンにしてみた。

ラブリー♪

心の深いところに揺れる想い

2008-06-26

Tag :

しばらく和紙の帽子がおもしろくて作っているが、
次の個展の構想を考えると
とても静かなものになりそうな予感。

心の深いところにひたひたと揺れてる想いのように
自分も誰かも見過ごしてしまいそうな
繊細な感情。

washi6.jpg

脳トレ

2008-06-24

Tag :

昨日は、お友達にカフェエプロンを作った。

kafeepu.jpg


今日は、引き続き和紙の帽子を制作中。

なんだか全然織物とは違う仕事ばかりしていると思うけど
今まで作ったことのないものを作る、ということが
なにやら「脳トレ」のような感じなのである。

ちょっと違う事をしながら時々個展の構想などふと考える。
ずっとただ考えていても思いつかないので
手を動かしながら使ってない脳を使い刺激を与え
脳を喜ばせてアイデアが浮かぶまで

「脳トレ」中~。

washireihat3.jpg

ターシャ・テューダー星になる

2008-06-22

Tag :

絵本作家でスローライフ、庭を愛したターシャ・テューダーが亡くなった。
92歳。
自分で作ったろうそく、薪で生活、生活そのものが絵本のような
彼女のライフスタイル。

自給自足のスローライフ、私はとてもろうそくの灯りだけでは生活できないし
食物を作り出すことは出来ない。
でも、家の手入れや庭のこと、自分で出来ることは全部自分でやっていきたい。

必要なもの全てをほとんど自分でデザインして作り
好きなものに囲まれて、日々庭の手入れをして過ごすターシャの生活は温かい。

傷だらけの日本、自然災害、地震、無差別殺人、
壊れてしまった国土と心。

何もない所から創り出すこと、全てひとりひとりの手から始まる。
土砂をバケツで掘り起こす手から手。
種を植える手。
手からいろいろなことが生まれることを忘れないで。

ターシャテューダーと思わぬ事故で亡くなった全ての人の
ご冥福をお祈りします。

gabi.jpg

和紙のウエディングハット

2008-06-20

Tag :

ただいま、和紙のウエディングハットを制作中。

軽いし、素材感が軽やかでウエディングドレスとの相性も良さそう。

かわいらしい女性、素敵な女性、クールな女性、
飾りや形でいろいろ表現できる可能性のある帽子。

これは楽しい。

まだ途中だけど、白いバラの花みたいでめちゃめちゃカワイイ。


wahihat1.jpg

和紙の帽子

2008-06-19

Tag :

母はおもしろい帽子を喜んでくれるので作るほうも楽しい。
これは、ブリムが和紙。
トップは私が織った柿渋で染めた布である。
とても涼しい。

夏の個展の時にかぶって欲しいと思い作ってみた。

wasibou1.jpg

自分っぽい発想したいです(BlogPet)

2008-06-16

Tag :

きょうレイレイと、自分っぽい発想したいです。
それできょう、レイレイで八重っぽいイメージしたかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ヤルヴィ」が書きました。

パーソナルデザイン

2008-06-16

Tag :

最近帽子を作っていて思うことは、
帽子とは、パーソナルデザインそのものだということだ。
「サイズ」
「デザイン」
それからその人の「好み」、「ライフスタイル」、「こだわり」などを
考えながら創るのが楽しい。

頭の形というのがひとりひとり様々。
その人の顔に一番似合う帽子の形はどういうものか、
裏地にこだわる、形にこだわる、素材にこだわる、デザインにこだわる、
この人にはこういうスタイルがいいのではないか、
あの人はここが壺、とか、
ひとりひとり考えて創っていくのがとても楽しい。

それにはその人そのものをよく知らないと作れないんだよね。
たとえば、歌手だったら、
詩のイメージ、
その人の声のイメージ、
素材感を生かしたイメージ、

彫刻家だったら、
やっぱり素材感が大事かな。

音楽の好きな人ならそういうモチーフをどこかに取り入れるとか

それぞれの人を思い浮かべながらあれこれ空想して想像してみる。
いつもかぶっていなければならない人には、
装着感が良い素材(通気性、肌触り)でなければいけない。

いろいろなものを漠然と選んでいる人が多いかもしれないけれど
一度自分のこだわりがどこにあるのか意識してみると違う自分に出会えるかも。



父の日のプレゼント

2008-06-15

Tag :

父の日が来るといつも思い出す。

毎年父の日に何をプレゼントしたらいいかとても迷った。
父は盆栽やカメラが趣味だったけど、私は当時は両方ともあまり興味がなく
たいてい洋服をプレゼントしていた。

毎年洋服ではと、文箱や、名刺、植木鉢、いろいろ考えてプレゼントしても
どうもそれほど喜んでいるようには見えなかった。

そんな父も、私が織ったシルクのスカーフは喜んで身につけてくれた。
旅行や、どこかに出かける時は、
ジャケットにさりげなくいつもスカーフをして
「これは娘が織ったんだ」とまわりの人に自慢していたようである。

通院の時も私がプレゼントしたカーディガンに私が織ったカシミヤのマフラーを
していた。

父が亡くなってからタンスの引き出しの中に一度も着てなかったように
綺麗にしまってあった洋服もあった。

洋服よりも、シルクやカシミヤのスカーフのほうが案外お気に入りだったのかな~と
今頃思うのだ。
アクセサリーとか、小物が好きだったのかもしれない。

sirotutuji.jpg

父の育てた皐月は今年も私の庭で満開。

八重の皐月

2008-06-13

Tag :

庭の皐月を剪定したとき、
たった3輪くらいだけど、他のと違う皐月を見つけた。
花の色も違うので、種類が違うのかな、と思ったけど、
よく見ると花が2重になっている。

yaetutuji.jpg

隣の皐月はピンクの普通の皐月なのにこれだけ1本違う木だったのか、
それとも交配されたのか?
不思議だ~。

来年はもっとこの八重?が咲いたら綺麗だなぁ。

母の帽子と授号式の写真

2008-06-10

Tag :

母の帽子を二つ作ったので持って行った。
頭のサイズが小さいので売っているものでは合わないのだ。
ひとつは黒の麻の生地で涼しくブリムの広いもの。

hahaboushi3.jpg


そして、白い木綿、トップは私が織ったシルクの水色の粗い織物で
ケーキのようなかわいらしい形。
両方ともサイズもぴったりで母に似合っていて良かった。

hahasiro2.jpg


先月の母の授号式の写真が出来ていて見せてもらう。
会場が暗かったので全体的に黄色っぽくなってしまった。
デジカメの設定がまずかったなぁ。

授号された方々。
おめでとうございます。

jyugou.jpg


第二部の歌や踊りでは、
母の踊りがとても上手で驚いた。
ずいぶん練習していたらしい。

jyugousikihaha1.jpg


最後はパーティに参加の皆さん全員の踊りで圧巻。
踊ってないのはカメラマンの私だけ。( ̄▽ ̄lll)

jyugousiki3.jpg

自然の形から

2008-06-09

Tag :

雨上がりの庭、水滴がたくさんついて
少し重たそうな花。
愛らしい帽子に見える。

bousihana.jpg


こういう自然の形から発想することが多い。
貝や、花や果物や葉っぱ。
形も大事だけど、帽子を作っていて思うことは、やっぱり素材が大きい。
同じ型紙でも布により全く形やイメージが変わる。

まず、デザイン、そして素材、それから技術も大事。
平らな布だと縫いやすいけど帽子に表情が出ないんだよね。
だから、私は布に表情が出しやすい素材で作るのがおもしろい。
手縫いになるけど、そこがまた楽しい。
素材感を追求するとまたまた手がかかり、時間もかかる。

織物も同じだけど、糸の表情が無い織物は平らすぎておもしろくない。
そういう場合は立体感のある組織や色使いにすればいいと思う。


にんじんの葉の一品

2008-06-08

Tag :

にんじんの葉っぱには思いの外栄養がたっぷり。
さっそくネットで検索して簡単な一品を作る。

葉はさっと湯がいて
ごま油で炒めて、ごま、じゃこ、鰹節、を入れて
醤油で味付け。
水分が無くなるまで軽く炒めて出来上がり。

ふりかけみたいだけど、
おいしいよ。

ninnjinnha.jpg

八角形のアコーディオンベレー

2008-06-05

Tag :

ずっと試行錯誤中のアコーディオンハット。
今日は、ベレーにしてみた。
あまりひだひだが多いと効果が薄いので、3段にしてみる。
ベレーには3段くらいがちょうどいいかも。
生地は、ストレッチデニム。

裏地も同じように縫うのはとても大変だけど、
そのほうがいいんだろうなぁ。
普通帽子の用尺って50㎝くらいだけど、この帽子だと1mくらいいる。
真ん中の丸がロスになる。
でも、おもしろい。

今度は三角も作ってみようかな。

3bere.jpg

久々に帽子制作

2008-06-03

Tag :

久しぶりにオリジナルな帽子を作ろうと
悪戦苦闘中。
アコーディオンハットがおもしろい。
布も沢山使うし、型紙もたくさん、縫うのにも時間がかかる。
でもなんだかカワイイのでちょっと夢中になる。

サンプルを何度も作っては型紙を直す。
なかなか納得いかない。
生地の張りでフォルムが全く変わる。

最初はブリムをつけようかと思ったが、ベレーのほうがかわいいかな、と
ベレーに変更。
しかし、麻の生地で実際作ったところ、張りが思うように出なくて
またブリムのある形に変更。

まだまだ試行錯誤は続く。

hat22.jpg

梅雨入り

2008-06-02

Tag :

例年よりも早い梅雨入り。
庭の皐月、もうそろそろいいかな、と
半分くらいの大きさに剪定した。
まだ蕾がいくつか残っていたので、それはちょっと残して
気持ち良く切った。

気のせいか、蚊が少なくなったような気がする。
植物が茂っていると蚊も多いのではないかな。

雨が多いせいかあっという間に草が伸びて
庭中草だらけになる。
これからどんどん伸びちゃうなぁ。

それでも雨樋の掃除もしたし、木をたくさん剪定したから
梅雨時でもなんとなしに風通しのいい家と庭になったように思う。

楽しいオカリナ製作(BlogPet)

2008-06-02

Tag :

レイレイの「楽しいオカリナ製作」のまねしてかいてみるね

陶芸の友達の友人は先生が出来たらGの穴の音を出す!

*このエントリは、ブログペットの「ヤルヴィ」が書きました。

楽しいオカリナ製作

2008-06-01

Tag :

陶芸のお友達の工房で
「オカリナ教室」に参加。

陶器でオカリナを作った。
信楽の赤と白の土を練り込みでマーブル模様になるように。
まずは、おおまかな形を作る。
しかし、これが難しい。

吹き口と全体のバランスが重要なのだ。

他の友人は立体制作に慣れているのでとても作業が早い。
私は大幅に遅れて完全に落ちこぼれ生徒。
( ̄▽ ̄lll)
のろのろやってるうちに、口が乾燥して割れてしまった。
陶芸の友達が「手術」して直してくれる。
「これは重傷ですね」
( ̄▽ ̄lll)

なんとか全体の形が出来たら、吹き口の中に竹べらを通す。
オカリナの前面と後ろ面を二つに切り
中をくり貫く。
そして二つに竹へらを抜き二つを合わせて吹いたらG♯の音が出るように
吹き口の微妙な調節。
これは先生がやってくださる。

それから指の位置を決めてあらかじめ記しを付けておいた所に
穴を開けていく。
音により、穴の大きさがちょっとずつ違う。
そして二つを合わせてつなぎ目を合わせる。

音を出してみる。
鳴らない。
( ̄_ ̄|||) どよ~ん
先生が口の穴をこれまた微妙に調節してくださる。
するとあ~ら不思議。
音が出る。

「ドレミファソラシド~」と吹いてみる。

まだ焼いてなくても音が出るんだな~。

次は、素焼きをしておいてくれるので、穴の微妙な大きさの調節をして
本体を磨いてマーブル柄を出す。
それからニスを塗って完成する。
楽しみだぁ。

3時間くらいで陶器のオカリナ(アルトC管)が出来た。

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索