2009.02.27

つみきのいえ

アカデミー賞アニメーション部門受賞の「つみきのいえ」

加藤久仁生監督による日本の短編アニメーション映画である。
私はまだ見ていないけど、魅力的な絵だ。
ストーリーもいい。
一人暮らしの老人が海面上昇のため上に上にと
建て増される家で暮らしている。

きっと淡々とした映画だろう。
レイモンドブリッグズの絵本と印象がだぶった。
鉛筆で8ヶ月の制作期間、これだけ長い時間ひとつの作品に向き合い続けるということは
その作品に相当の力がないと続けられない。

私も「メッセージ」というタピストリー(260x300㎝)を9ヶ月かかって織った。
ウールや綿、麻、レーヨン、たくさんの糸を撚り合わせながら
織ってはほどき、下から織り始め、椅子の高さを段々高くして
経機で織った。

加藤久仁生さんの仕事場は小さい部屋だ。
机の上に鉛筆、ひたすら描き続ける日々だったろう。

海面上昇でどんどん上に上にと家を積み木のように
建て増す、というのがお話に特別の意味を加えているのだろう。
海面から上と下できっと時間や思い出も平面の絵から感じられるのだ。

これが現実的に考えると、海面の下が木造だと腐っちゃうから
「鉄塔に番地が書いてあって
そこに、ロープでつないだ船で暮らしている」
なんていう絵になると平面的でつまらなくなるものなぁ。

見る人ひとりひとりにとって大切なものとは、幸せなことは何か、
やがて来る悲しみや孤独の意味は?
きっといろんなことを感じる映画なのだろう。

 


Posted at 10:15 | その他 | COM(2) |
2009.02.26

マンゴーバナナヨーグルトケーキ

炊飯器ケーキ

久々にヨーグルトケーキ。
乾燥マンゴーとバナナを入れたらなんだかチーズケーキっぽくて美味しい。

★レシピ

カスピ海ヨーグルト   300g
ホットケーキミックス  100g
卵              2個
砂糖            30g
バナナ           1本
乾燥マンゴー       2片


乾燥マンゴーは小さく切って入れた。
バナナは他の材料と一緒にミックスした。

mango.jpg



Posted at 12:26 | その他 | COM(2) |
2009.02.25

黄斑上膜3ヶ月後

黄斑上膜になってその後、自然にはがれてから早3ヶ月経った。

「くらげ」は右目の中にいて
いつもうっとおしく見えているのだが、
だんだん気にならなくなり肩こりや目の疲れもましになってきた。

気にならなくてすむような見方っていうのも目が覚えるのだ。
「くらげ」を見ないようにしてその先の風景を見ればいいのだ。
あとは、なるべく左の上を見るようにして全体を見たら「くらげ」が上の方に行く。
つまり真正面を見るのに少しどちらかよりを見ながら正面を見るようにする。

すごい技だ。

細かい文字など本や新聞など読むのはちょっと疲れるけど
日常生活には支障なし。
というわけで手術はしなくても良さそうだ。
このまま経過観察で大丈夫だと思う。
Posted at 23:28 | その他 | COM(4) |
2009.02.24

ピンクのベスト

自分で着ようと思って
ピンクのシルクベストを作った。
ショート丈で音階のようなバランスの楽しいベスト。

色も元気なピンク。

vestpink.jpg

ショート丈が新鮮である。

これは色違いでもっといろいろ作ってみよう。

2009.02.20

Little Lady

昨日やっと流氷が接岸したというニュースの翌日は、
我が家も雪景色だった。
起きたらもう雨だったけど、ずいぶん夜中に積もってたんだな。
音符のように並んだ敷石から音楽の話題に持っていく。笑)

yuki09202.jpg

相変わらず練習しているオカリナ。
段々音が良くなっているような気がして嬉しい。
そして、楽器がそばにあるとうきうきしちゃうけど、それほど専門でもない私としては
こういうカワイイものが大好きなのだ。

hohner1.jpg

HOHNER社のハーモニカ。
ちゃんと音が出る。

hohner2.jpg

な~んと3,5㎝だ。
その名も「Little Lady」
ネックレスとして身につけて楽しみたい。
Posted at 13:10 | 音楽 | COM(3) |
2009.02.19

ぴーちは5DK

ぴーちは1日籠の中。
放鳥時間は40分くらい。
やっぱりひとりでいるのは飽きるだろう。
そこでいろいろおもちゃを入れたり話しかけたりするんだけど

ぴーちの籠の中は
ワンルームであるが、
用途別で、キッチン(餌入れ)
       食堂(餌を籠のすみっこに持っていって食べるので)
       居間(くつろぐ所)
       寝室(寝る三角テント)
       トレーニングルーム(ブランコ)
そして今日、もう一つ離れ(バードバス)を設置してみた。

前からバードバスはあったのだが、その中で水浴びしないし
いつもは付けて無かったけど
たまに入って遊ぶのにどうかな~とつけてみた。


birdbus.jpg

しばらく中で遊んでいたが5分で飽きた模様。( ̄_ ̄|||) どよ~ん

Posted at 13:47 | | COM(4) |
2009.02.16

コンサート「珠響」~たまゆら~

2月15日、サントリーホールでのコンサートに行った。
三響会主催(歌舞伎囃子方・田中傳次郎)
和洋音楽のコラボ。

珠響~たまゆら~

出演者が
書   武田双雲
ピアノ 稲本 響
ギター 村治佳織
太鼓 風雲の会
尺八 藤原道山
狂言 野村萬斎


音楽ホールで書ってどういう感じかな?と思ったら
琴の演奏とのコラボ。
そして2メートルくらいある大きな紙のパネル2枚に、
「珠響」「神々」と書いた。

筆は毛というよりぞうきんみたいな布の割と固めのものでグッグッっと力を込めて
塗るように書く。
そのパネルは上に吊されてず~っとスポットライトが当たっていた。

次に稲本 響のピアノ。
映画「イキガミ」のテーマ音楽「イキガミの旋律」
「桜の眠り」これがとっても綺麗。
他にもジャズっぽいコラボで人間ジュークボックスのようなマルさんとチェロとセッション。
ピアノミュートで音色の変わる演奏がおもしろい。

ギターの村治さんは10代の頃から演奏会に聴きに行っていた。
今回は合唱とのコラボで荘厳なイメージ。
でも、ギターの音がちょっと消えちゃうところがあって残念。
赤いドレスで綺麗だったけどね。

15分の休憩にワインを飲んでいい気分。

そして、次の風雲の会の太鼓が素晴らしかった。
中でも真ん中で太鼓をたたいた「上田秀一郎」さんは素晴らしい。
5人の太鼓の音、太鼓をたたく姿、全く息の乱れない演奏に涙出ちゃったよ。
上田さんはすごいな。たたく姿も美しい。
腰をゆるめて鉄のような柳のような体。

藤原道山は若いし、イケメンで尺八はなんだか西洋風でクラリネットのような響きが新鮮。
太鼓とのコラボでも、あまりに太鼓のインパクトがあっただけに
少し弱々しく感じた。
何より以前尺八を聴いた人があまりにものすごかったので
彼の「気」が薄くて音の響きが少し物足りない気がした。

初めて見た野村萬斎「三番叟」
彼には、「気」を感じた。
神がテーマの今回のコラボ。
狂言て初めてだったのでどんなだろうか、と思った。
単調にも思えるリズムではあるが、ぶれてないというか、
さすがに伝統を感じる。

コラボのコラボ、こういうふうに和だとか洋だとか、伝統だとか、前衛だとか
そんなものを超えて楽しむことが出来るんだ、と
新鮮に感動出来た。

それぞれのプロのいいとこどりで、
ちょっとずつ見ることでまた次のファンを獲得出来るんじゃないか?
だって、誰も狂言や尺八など見に行かないだろう。
きっかけはどうでもいいのだ。
まず、知るということ、そしてこういうものもあったんだな~と
感じてまた見たい、また知りたい、また出会いたい、
そう思ってもらえたら、っていうコンサートなんだろう。


初めて見た太鼓のライブ。これが一押しであった。「上田秀一郎」素晴らしい。
Posted at 00:59 | 音楽 | COM(2) |
2009.02.13

森の色のベスト

織ってから染めた
森の色のベスト。
最初は黄色や赤、ピンクで織ったのだが
今ひとつぴんと来なくて
緑にしてみた。

morinobesuto.jpg

次は桜のベストを織る。
淡いピンク、そして濃いピンクなど、ピンク、ぴんく、PINKヾ(@~▽~@)ノ
裾の形をちょっと変える。



今年の梅はちょっと早い。
もう3分くらい咲いている所もある。
ほんのり蕾が愛らしい。

umetubomi.jpg

2009.02.12

石川真理さん「春待ちの器展」

石川真理さんの器展を母と見に行った。

isikawa3.jpg

コーナーごとに、大きな花器に梅、ユキヤナギなどのお花。
シーンごとの演出がある。

isihawa1.jpg

使いやすそうなティーカップや、お皿、片口、お茶碗など。
実際にイタリアンレストランで使われている食器もディスプレイされている。

isikawa2.jpg

梅の釉薬で作ったという蕎麦猪口のような形のカップは、
コーヒーでも、お酒でもお茶でも良さそうで
母は2セット購入。
さっそく家でコーヒーをいただくと淡いブルーの色が美しくて
口当たりもよくシンプルな形で使うほどに愛着のわいてくるような一品である。



私がいただいたのは、レストランでも使われているという
指の形のついている持ちやすそうな白いカップ。
こちらも飽きのこない色と形で使いやすそうだ。

isikawa5.jpg

茶渋やコーヒー、ワインの渋が入りにくくする方法を教わった。
米のとぎ汁の中に器を入れて(水のうちに)沸騰15分、そして
そのまま冷めるまでつけておく。
すると、渋が付きにくく、割れにくいのだそうだ。

石川さんの作品は奇をてらったところがなくてモダンで、使いやすく味わい深い。
6月のコラボレーションがとても楽しみだ。

石川真理さんの器展は
今月21日まで、ギャラリー亜露麻(あろま)で開催されている。

isikawa4.jpg
ギャラリー亜露麻
東松山市六反町2-13

東武東上線「東松山駅」徒歩15分
電話0493-25-0080
2/11~2/21(最終日5時まで)
11時~6時まで  火曜定休

Posted at 15:10 | 見て歩き | COM(2) |
2009.02.11

カメラ目線

久々ぴーちちゃん。

放鳥して遊んでいるといつものように一眼レフを囓りに飛んでいく。
それをリコーカプリオで撮影しようとすると今度はカプリオに飛び移る。

私の手にとまらせて
「ぴーち、か~~~~わウイッシュ」などとおだてて
撮影。

0922.jpg

な~んかアイドルみたいにポーズを撮っているのがカワイイ。
カメラ目線でうるうる。

0923.jpg

Posted at 10:24 | | COM(4) |
2009.02.08

ゆっぴちゃんのCD

友達の友達のお嬢さん、「ゆっぴちゃん」のCD。
彼女はな~んと小学生で自分でギターを弾きながら作詞作曲をして歌う、
シンガーソングライターなのだ。
ギターも上手だよ。

少し前にブレークした「メロンパンのうた」
そして、テレビCM(ベイシア)にも使われている「幸せご飯」
キャンペーンソングにも使われてる「ドライブのうた」

歌詞や曲に繰り返しが多いこともあり、
インパクトが高く、
「リサイクルのうた」や「おそばを食べよう」なども
キャンペーンソングやイメージソングとして使われそうな感じ。

そしてこのCDがなんともカラフルで元気になりそうなカワイイ色。

yupicd.jpg

Posted at 15:01 | 音楽 | COM(0) |
2009.02.06

色の力

草木染めベストは出来上がって、
カシミヤとシルクを混ぜた素材感はまぁ、いいとしよう。
やっぱり何かぴんと来ないと思ったら

「色」なのだ。
草木染めのこの地味~~~な色が今の自分の気分と全くマッチしてない。
もっとカラフルでキャンディーみたいに甘くて楽しい鮮やかな色が欲しいのだ。
だから、もう一度、今度は赤、黄、オレンジ、ピンクなど原色でカシミヤ多めで
作ってみよう。
そのほうが、きっとカジュアルで元気になるし、今のベストだろう。
Posted at 23:32 | その他 | COM(2) |
2009.02.06

シルクベスト後染め

織った時に草木染めのあまり使わない糸を入れたため
全体的に茶系のぱっとしない配色になり
グレーで後染めをした。

高温で染色するとかなり糸が痛むと思って
藍熊染料のニューパステロンで染める。
これは綿も絹も両方染まるので混材の時に便利だ。
水で短時間で染められるが、濃度は薄い。


グレーと言っても下に茶色や紫系の草木染めしてあるため
その色も残ったグレー系。
木のような色になってしまったなぁ。

besuto2.jpg

強撚糸がちりめん効果になりクレープが出来る。
これから脇を縫い、前と後ろの部分も手縫いでやっと完成となる。
2009.02.05

ソウルカラー

「オーラソーマ」B009
クリスタルの洞窟/ハートの中のハート

私のソウルカラー。

英国で生まれたカラーケアシステム。
上下2層に分かれた美しいカラーボトルを4本選び
自分の今の状態をセラピーする。


私は時々このオーラソーマでボトルを選んでいるのだが
いつも選んでしまうのがこのB009。
上がターコイズブルーで下がグリーン。

「鋭い感性と表現力、クリエイティブな資質を備えているあなたは、アートや詩、歌などによって自己表現する才能に恵まれています。何かを創造することによって、多くの人々と豊かなコミュニケーションを図れる人です。心で感じたままを歓びと共に表現していく時、あなたの表現は人々の心に感動を与えることができるでしょう。それがあなたの使命でもあります。また、目の前の物事を正面から見るだけでなく、哲学的な発想でより広い視野からとらえることができるあなたは、そうした見方や考え方を多くの人々に伝えていきます。 」

と、あるけど
緑とブルーって誰でも好きそうな色だよね。

他の3本は選ぶその時々の心理状態や健康状態によって
変わるのだ。

11月の個展の時の小品の配色の資料。
それぞれの色の持つ意味や心に与える影響、
配色の参考にしたいと思っている。
最初は自分で考えた配色、それからその配色の意味を考えて
構成したい。

色が与える影響やパワーは実はとても大きくて
私の作品も最初はペールトーンだったが
ここ数年は原色に近い配色になっている。
いろいろな意味で「元気になりたい」ということか。

Posted at 10:30 | その他 | COM(2) |
2009.02.03

春よ来い

今日は節分。
2月になるとなんとなく春めいてくる。

朝からいいお天気で気温も上がり空気がほんわか。
昨日からのシルクのベストの続きを織り、
このぽかぽか陽気に誘われて
散歩してきた。

日当たりのいい所ではもう梅の花が咲き始めている。

ume091.jpg

越してきた頃はよく梅の枝で草木染めをしていた。
ほんのりピンクがかったベージュや柔らかい茶色。
2月中旬からは町全体が梅の甘い香りで包まれる。

umehana.jpg

今作っているベストはこの色違い。
前も後ろもすそが斜めになるかぶりのタイプ。

rei2.jpg

Posted at 15:57 | 暮らし | COM(2) |
2009.02.02

シルクのベスト

以前良く作っていたシルクのベストを
経糸をカシミヤを数本入れて試しに織ってみる。
織り上がってから染め変えてもいいと思い、
適当な色の糸(草木染め)で機にかける。

besuto.jpg

緯糸は強撚糸なので織り幅の半分になる。
かぶりのベストになる。

仕事場はお日様が入るといくらか暖かい。
レミオのポスターが貼ってある。( ̄▽ ̄lll)

sigotoba.jpg

2009.02.01

構想中

私は個展の時に、まず全体のテーマみたいなものを考える。
ギャラリーが決まると全体の広さがわかるので
展示するイメージを考えながら
作品たちのアバウトな構想を考えるのだ。

ひとつひとつ作品を仕上げてそれをどう展示するか、
ではなくて
全体的なことを考えてからひとつひとつになっていく。

今はその構想は60パーセントくらい固まった。
ひとつのデザインがあって、
別の壁面に小品を15個。
やっぱりうさぎが出てくるのだった。

そして小品は色がいろいろで楽しい。
全体のイメージが決まるまで糸を染める作業を始められないので
なかなかスタートしない。
デザインをして、色を決めて、始まりは春かな?
糸を乾かすのに寒すぎるとどうも乾きが悪いし
作業能率も悪いから。

ちょっとだけ考えてるテーマは、
色で癒す、っていうこと。
色の力は大きい。