糸染めシルバー

2012-08-14

Tag :

猛暑で糸染めがなかなか出来なかったが
今日はシルクの糸を黒と、シルバー2色染めた。

黒は化学染料で2,5パーセントくらいに、しっかりと染めた。
黒だけだと味気ないので赤と青も混ぜる。
シルバーは液体染料のミロバラン10パーセント、媒染は鉄で2パーセント。

silver.jpg

最近織っているシルクのスカーフは金属っぽいものにしているので
金や銀に見える色を染めている。
それはやはり化学染料よりも植物染料の方がよい。
シルクはとてもキレイな色になる。
この色を化学染料で出すのはとても難しいのだ。

午前中の放鳥はやめて夕方だけノアと遊ぶ。
図書館に行ったり、台所で糸染めしていたのでノアは私の姿が見えず
何度も呼び鳴きする。
夕方の放鳥の時は、とても謙虚な態度だ。

やはりあまりにも近くにいつもいるのは良くないようだ。
離れている時間があるからこそ私との時間を大切にしたいと思うようだ。

ラックの位置を下げたのも良い効果だった。
午前中の放鳥はしなくてもいいかもしれない。

reireiさんのコメント

>かやちゃんへ

シルクは植物染料がやっぱりいい色ですね。
メタリックな色でしょう~。
そしてこの年になるとやっぱり渋い色に惹かれる。

ノアは今日もとてもいいこで、やたら甘えん坊
でした。

しばらく1日1回の夕方放鳥で様子見です。

それでいいようなら個展が終わるまでそんな感じ
にしてみようかな~と思います。

ノアと接していると修行のような気持ちがするよ。

かやさんのコメント

れいれいさんこんばんわ~
暑い中、染色作業お疲れ様です!

綺麗な銀色ですね!
植物から、この、メタリックな色が出来るの?
凄いー。

ノアちゃん、気まずそうにしてるなんて、
まるで人間の子どもみたい(笑)
空気読むんですねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索