2013.03.05

2つの展覧会

元気が出る展覧会2つ。

ACギャラリーで13日まで開催の「中村ミナトのジュエリー展」

minatosan.jpg

ミナトさんは大きな彫刻も製作される。
ジュエリーもモダンでシンプルでかっこいい。
金属の平面ではなくて断面のところに黄色や黒がある。
線と奥行を表したいとのことだ。
その断面の色の効果で軽快な動きが感じられる。
そして壁面には赤や青の大胆な抽象絵画。
織物にして大きなタピストリーにしてどこかの建築に飾りたいような
素敵な絵だ。

そして、もうひとつは
荒井アトリエギャラリーで14日まで開催の
「おじさんが作るジュエリー展」
木全本さん、島添昭義さん、黒川興成さんの3人展。

shimazoesan.png

これは島添さんの缶バッチなのだが、缶バッチをキャンバスにして
漆や紙、布、木、金属、その他様々な素材と技法で直径56ミリを遊んでいる。

simazoesakuhin2013.jpg

私がゲットしたのはとっても島添さんらしい顔の作品だ。
ブローチだけど飾っても楽しい元気になる作品。

中川一政さんの言葉「人間、50歳から努力したものが変わる」
今朝の新聞に書いてあったのだが、
「人間は50歳になると先が見えて努力しなくなる。
しかし、そこから努力した者だけが変わる」

この50歳をとっくに超えた(失礼)お二人の作品を見ていると
ものすごく元気ややる気が湧いてきて、昨日の私、さようなら。と
明るく言いたくなる。
残念なのは、オープニングに若い人が見に来てなかったことだ。
もっと10代、20代、30代の人にも見て欲しい。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する