小川糸「リボン」

2013-05-10

Tag :

小川糸さんの「リボン」を読んだ。
ogawaito.jpg


その前に同時刊行の「つばさのおくりもの」
booktubasa.jpg

こちらはとても薄くてすぐに読めるが、私はこちらを先に読むことをお勧めする。

booktubasa3.jpg

挿絵がとてもかわいい。

「リボン」を読むと鳥飼いならわかる感覚というか感情が
満載でまるで自分で書いているかのような気持ちになってしまう。
ノアのカレンダーでおなじみのCAPの鳥の保護施設であるTSUBASAを取材したであろうと
思われる場面が出てくる。
そして作者もやはり鳥飼だったのだ。

飼い主が理解しようとするのではなくて鳥の方が飼い主の気持ちを理解しようとする
ということが貫かれている。
鳥の魅力というのはそういうところで人間よりも鳥の方が
ずっと繊細なココロを持っていると思うのだ。

鳥飼いさんにお勧めの2冊。


ノアもいつも私のココロを見つめている。

reireiさんのコメント

>EmikoIさんへ

もうすぐノアをお迎えして3年になります。
大きい地震があったり、ノアにとってはいろいろ驚くことがあったと思います。
でも日々理解しあうような関係ではないかと思います。

最近は「食べる」ばっかり。

「食べるよ」とも言います。爆

EmikoIさんのコメント

こんにちは

そうね~ 心を読むというか 理解しようという気持ちが 鳥ちゃん側には とってもありますよね。
繊細で感受性が強く、
飼い主さん含め鳥好きにとっては、ほんとうに愛おしい存在ですねぇv-25

レイレイさんも ノアちゃんも、元気そうで何よりです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索