2013.08.14

後部硝子体剥離

今度は左目。
7月8日に飛蚊症とはちょっと違うカタチの浮遊物が左目真ん中に現れた。
点々が左上にある。
いつもは糸くずみたいなのが1,2個ふわふわしてただけだったのに
はっきりとした黒いラインの林檎のカタチ。
○の上に林檎の茎みたいなクラゲ。

これは飛蚊症じゃないな、とすぐに眼科へ行くと、「後部硝子体剥離」とのこと。
ひどい場合は網膜剥離や網膜裂孔があるかもしれないということで
心配だったけど幸いそれは無くて、経過観察で1ヶ月後にまた検査、
先日検査に行ってきた。
するとまたまた膜が張っているそうだ。
つまり、後部硝子体剥離して黄斑にまた膜が張り始めた。
まだ視力低下や歪みはないのでそうなったら右目と同じく手術になるのだろうか?

なんとかこのまま視力が落ちないで欲しいけど仕方がないね。
経過観察中です。
この記事へのコメント
ほんと、あちこち順番に悪くなっていきますよ。
イヤになるね。

手術していただいた先生は静岡なのでまた、そちらに御世話になるかも。
遠くて体力がもうついていかないわ~。
近くていい病院があれば一番安心なんだけどなかなか無いのよね。

折り合いつけてなんとか、っていうのが骨身にしみますよ。
Posted by reirei at 2013.08.15 20:18 | 編集
大変ですね・・
これ以上、悪化しませんように。
でも、信頼して相談できるお医者さんが居るって、
心強いですね。

「経年劣化」は、モノだけじゃなくて体にも来ることを、
あっしも実感してます。
ホント、いろんなとこが微妙に劣化していくけど、
なんとか折り合いつけて生活できる程度で、
勘弁してほしいですよねえ~。
Posted by かや at 2013.08.15 19:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する