2014.06.08

着物地でパンツ

最近シルクが心地良くて母の着物をチュニックにリメイクしていたが
パンツもいいかもと、家紋を生かして縫った。
シンプルだけど案外良くて適当にちょきちょき切って縫った割りに
カタチもいいよ。

kuropantu.jpg

着物の時の家紋は味気ない丸に二、だけど、パンツにするとおもしろい。
水玉みたいでかわいい。
そして生地がしぼがあって涼しくて気持ちいい。

なんでもそうだけど素材がいいものが結局心地良いのだ。
織物でも糸がとても綺麗だとシンプルな組織でも美しい。

シルクの肌ざわりの心地よさ、和服をどんなカタチであれ残していく。
この気持ち良さは宝物。
とにかくシルクを身につけよう。お金を払って着方を学ぶなんておかしい。
自由に楽しく着たらいい。
この記事へのコメント
ワイドパンツはさらさらして涼しい。
ウエストゴムだからお腹も楽々。

庵木瓜っておもしろい紋ですね。
地上にある鳥の巣、の意味なんですって?
なんだかカヤちゃんにぴったりでは?

ノアの声、だみ声でしょ。
新しい言葉もしゃべって欲しいけど、食べ物がらみが
やっぱり覚えやすいみたいね。
Posted by reirei at 2014.06.13 21:03 | 編集
さすがれいれいさん!
パンツ、カッコよくて涼しそうです。ナイス~

れいれいさんちの家紋は、丸に二つ引きなんですね。
ドットっぽくてモダンに見えるからいいなあ。
うちの、「庵木瓜」だから、
思いっきり和風で使いづらいかも(笑)

ノアちゃんの「おいしいね」連発、可愛いっ♪
黒豆の炒ったやつを、ときどきご飯に混ぜて炊いてます。
お赤飯っぽくてなかなか美味しいっす~

Posted by かや at 2014.06.12 19:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する