2014.07.11

ウオシュレットの寿命

2,3日前からなんだかトイレのマットが湿っている所がある。
これはおかしい、と新聞やペーパーマットを敷いてどこから水が漏れているのか
確かめた。
最初は床からしみ出しているように思えて、大がかりなトイレ工事になるのかなと
( ̄_ ̄|||) どよ~ん としていたが、今朝、とうとう水がぽたっと落ちる所を見つけた。
それはウオシュレットの本体、水の管だった。
ネジがゆるんでいるのかな?と触ってみてもそうでもない。
自分で直せないかな~と思ったけどすぐあきらめて
取り付けをした業者に電話したが、すでにその会社は無い。

近所の水道屋さんに電話したら、すぐに来てくれた。
「これはもう12年経ってますから、会社に連絡しても部品が無いと言われてしまうんですよ」
聞けば、今日はやたらとトイレの水漏れが多くて私の所で12軒目だという。
ウオシュレットに寿命があったことを忘れていた。
なんでも物持ちがいいのでなるべく長く持たせたいと思ったが
ウオシュレットの水漏れで発火することもあるらしく、ある程度の所で買い換えるのが
いいそうだ。

水道屋さんが「保温だけなら使えますよ」
ヾ(@~▽~@)ノ
というわけで、水道の接続管のみはずしてもらって水漏れは直った。
そして料金は、なんと1000円。
ありがたや、ありがたや。

引っ越しした当初はこのモノトーンのタイルがなんだか古くさくていやだな~と
ピンクのマットを敷き詰めていたが、取り外したらなんだかレトロでいいかも。

wc2.jpg

さすがに冬はタイルがとても冷たくて寒いからなんとかしないといけないけど
今はこれでいいかな。
目地の汚れを洗剤やカビ取り剤やら歯磨き粉やら、いろんなもので落とそうと
ゴシゴシ歯ブラシで掃除したけど、ぜんぜん落ちない。
そこで、白いアクリル絵の具で落ちない所を塗ってみた。
あ~ら、綺麗になった。最初からこうすれば良かった。

wc1.jpg

アンティークな木の便座にしたいな~。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する