ウオシュレットの寿命

2014-07-11

Tag :

2,3日前からなんだかトイレのマットが湿っている所がある。
これはおかしい、と新聞やペーパーマットを敷いてどこから水が漏れているのか
確かめた。
最初は床からしみ出しているように思えて、大がかりなトイレ工事になるのかなと
( ̄_ ̄|||) どよ~ん としていたが、今朝、とうとう水がぽたっと落ちる所を見つけた。
それはウオシュレットの本体、水の管だった。
ネジがゆるんでいるのかな?と触ってみてもそうでもない。
自分で直せないかな~と思ったけどすぐあきらめて
取り付けをした業者に電話したが、すでにその会社は無い。

近所の水道屋さんに電話したら、すぐに来てくれた。
「これはもう12年経ってますから、会社に連絡しても部品が無いと言われてしまうんですよ」
聞けば、今日はやたらとトイレの水漏れが多くて私の所で12軒目だという。
ウオシュレットに寿命があったことを忘れていた。
なんでも物持ちがいいのでなるべく長く持たせたいと思ったが
ウオシュレットの水漏れで発火することもあるらしく、ある程度の所で買い換えるのが
いいそうだ。

水道屋さんが「保温だけなら使えますよ」
ヾ(@~▽~@)ノ
というわけで、水道の接続管のみはずしてもらって水漏れは直った。
そして料金は、なんと1000円。
ありがたや、ありがたや。

引っ越しした当初はこのモノトーンのタイルがなんだか古くさくていやだな~と
ピンクのマットを敷き詰めていたが、取り外したらなんだかレトロでいいかも。

wc2.jpg

さすがに冬はタイルがとても冷たくて寒いからなんとかしないといけないけど
今はこれでいいかな。
目地の汚れを洗剤やカビ取り剤やら歯磨き粉やら、いろんなもので落とそうと
ゴシゴシ歯ブラシで掃除したけど、ぜんぜん落ちない。
そこで、白いアクリル絵の具で落ちない所を塗ってみた。
あ~ら、綺麗になった。最初からこうすれば良かった。

wc1.jpg

アンティークな木の便座にしたいな~。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索