FC2ブログ

33通の祖父の手紙

2016-05-13

Tag :

実家の物置から昔の手紙がたくさん出てきた。
その中に祖父の手紙が33通あった。

12歳の私が夏休みに家族で田舎に行ったときに
こっそり、床の間の壺の下に紙きれを隠してきた。
そして自宅に戻ってから私は祖父に手紙を書いた。
「床の間の壺の下を見てください」

「お返事ください」というようなことを紙に書いて隠しておいたのだ。
おじいちゃんが「?」と壺をひっくり返して私の紙切れを見つけてくれるさまを
想像してわくわくして返事を待った。

R0140146.jpg

1通目の祖父の手紙にはその様子がかかれていて
「健康は一生宝」という書が同封されていた。

R0140147.jpg

6年生の私がその折々の行事などを書いて送ると
運動会の時には「祈必勝」と。

R0140148.jpg

試験の時には「努力」などとテーマにあった書を送ってくれた。

冬の自転車通学時にしもやけになって痛いなどと書くと
「紙袋をはいてから靴をはいたらどうか?」

それは無理じゃないかな~と思ったけど、今日の東京新聞に
非常時の新聞の使い方というのがあって、
体に巻き付けて毛布のかわりにする、腹巻のかわりに、足に巻き付けて靴下のかわりに
と結構新聞紙は暖かいのだ。
案外いいアドバイスだったのね。

6年生から中2まで3年間続いた私と祖父の文通。
いま、祖父の年齢にだいぶ近づいた私が読み返すと
祖父が私の手紙をとても楽しみにして待っていてくれたこと、
寂しかったこと、丁寧に書かれたきれいな文字にしみじみとした気持ちになった。

母にも見せてあげようと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索