2009.01.11

幸せな気持ちの編み物

おうちばきを編み始めて
数人の友達に手編みの靴下を送った。
お姉さんの気持ちを通り越してもう、「おばあちゃん」のようだ。
お母さんが他界されていて
もしかしてお母さんがご存命なら彼女に靴下を編んであげたり
普通の生活の中で何かと世話を焼いてくださっていたはずだ。

kutusitalong2.jpg


そう思うと編んでいるうちに、切ない気持ちと一緒に
おばあちゃんモードになるのだろう。

編み物は、ひと編みひと編みなんとも幸せな気持ちになるものだ。

織りの仕事の合間に、テレビ見ながら炬燵でぬくぬく、せっせと編み棒を動かす。
(○'ω'○)ん?
仕事の合間というより、ず~っと編んでるじゃん。( ̄▽ ̄lll)
織りの仕事はどうした?と自分で突っ込んでみる。

編み出すと止まらなくなる。
これはずっと昔、自分で染めた羊毛を手紡ぎした糸。グレーと茶のしましま帽子。
仕上げの縮絨は、まだしていない。

woolhat.jpg

寒くて炬燵から出て織るのはほ~~~~んとに大変なのだった。

炬燵に入ったまま織る方法を考えようかな?
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する