花瓶敷き

2009-03-10

Tag :

昨日、母と名栗の温泉に行ってきた。
日帰りで温泉と会席料理のセットになっている。
もう10年くらい前から両親とよくこの温泉に行っていた。

onsen2.jpg

会席は雛祭りを意識した春らしいお料理で
見て綺麗だし薄味で美味しかった。

onsen4.jpg

到着した時に、カフェで珈琲のサービスがあったのだが
その時に、テーブルの上に飾ってあったのが
この花器。

kaki.jpg


小さなとっくりのような形で高さは8センチくらいで各テーブルにちょっと違う花器で
宿に咲いている椿やスイセンなどがさりげなく生けてあった。

毎回、個展の時に花瓶敷きを作っていた。
「クビカス織り」のサンプルにもなるので、在庫もなくなったことだし
織っておこう、と作り始めた。

経は綿、ヨコは藍の綿や麻を撚り合わせたものや、裂き布など、
定番のデザイン。

minimat.jpg

温泉に行ったものの、肩こりというか、背中のコリが治らない。涙)

reireiさんのコメント

>ぐっちーさん

温泉はいいですよね。
これは名栗の温泉ですよ~。

とってもいい宿です。

昨日までひどかった肩こり、今日はずいぶんと楽になりました。

あ( ̄○ ̄)り( ̄◇ ̄)が( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う  

ぐっちーさんのコメント

温泉いいなぁ~

とっても、静かな温泉みたいですね。行きたいです。
ただ、肩こりが治らなかったのが
心配(×_×)
早く、よくなれ~♪

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索