織り終わりはちょっと寂しい

2009-07-27

Tag :

午前中お祭りの後片づけ。

高齢の方が多くなっている町民だけで
ダンプの行き交う車道で提灯をはずし、電球を集めるのは大変だ。
私でもあまりの暑さでのどはからから、ぐったりだった。
具合の悪くなる人が出るのではと思ったがなんとか終了。

50メートルもの電線を巻きながら片づけるのは男性、と言っても
高齢者が多いので、見るからに大変そうだし危険だ。
この仕事はプロに頼むとかバイトを雇ってもらいたいといつも思う。

その後、ラストスパートで自分の仕事を頑張った。
夕方やっと右の耳の先っぽを織って
終了。
たくさんの色の糸を入れながら、
「あと、30センチ、あと20センチ、あと10センチ・・・・・」と
織ってきた。
終わってしまうとなんだか寂しい。

全体を見るのが一番ドキドキする。
あとは、仕上げをするのだが、それは明日にしよう。

mimisaki.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索