2009.11.08

kino workshop ヒナタノオト

ヒナタノオトというギャラリーで開催中の
「kino worksyop」室内の時間
を見た。

飛騨で家具や木の器を制作されている片岡さんの作品。
テーブル、チェア、ベンチ、棚など、
何より惹かれたのはそのサイズだ。
市販のサイズではない、本当に使いやすそうなテーブルの大きさ。
ベンチも小さくて座椅子のようでモダン。

胡桃を割って中の胡桃を布でくるんでそれをつぶして
家具や木の器を磨く、という方法を知り
個展が終わったらやってみよう~と思った。
胡桃はいっぱいあるからね。
織り機を磨いてみたいのだ。



私の仕事はベーシックラインその2を織っている。
その3まで行けるかな~?

twil.jpg

こちらは経がカシミヤでヨコはシルクを使ったスカーフタイプ。

マフラーというよりスカーフを提案している。
男性にもスカーフタイプを使って見て欲しいなと思う。
体温調節が出来てマフラーのように外だけでするのではなく
家の中でも洋服の一部のように着用できる。
襟元に1枚カシミヤのスカーフをするだけで
セーター1枚余計に着たようなあたたかさ。

電車内や温度の高い建物に入った時にすぐに着脱が出来るのも便利。
是非試してみてください。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する