黄斑上膜手術追記

2010-01-27

Tag :

今朝、病院から電話があり、担当の先生が画像を見てくださったところ、
手術はもう少し早いほうがいいかもしれない、とのことで
次回の診察の予約を1週間早めた。

私の眼の膜の張り方が、日に日に強くなって
網膜付近の血管を圧迫する。
そうすると、歪んで見えたりするのだが
手術の時期が遅れると、膜でひきつれた所が伸びないかもしれないし
もとの視力に戻るのに時間がかかる、というわけだ。

病気は生き物だな~と思う。
私の眼の中で膜が育っていてそれは日々悪さをしているのだ。
だから、何か自分の体に異変を感じたら
ちょっと調子が悪いだけと思わずに
早めに診断するほうが良いと思う。

そうすれば治りも早いだろうし、何より老後にそのつけは必ずやってくる、
年配の人から良く聞く話だ。
若い時にここを痛めたことがあって、それが寒くなると痛くなるのよ~、とか
きちんと治さなかった所が60~70歳代に悪化して普段の生活に支障をきたすとか、
今はまだ若いから大丈夫、と思っているあなた、
自分メンテナンス忘れずに。

reireiさんのコメント

>icebergさん

40~50歳には多いらしいですよ。
きっと気づかない人が多いと思うくらい最初は微妙に歪んでるんですよ。
だんだんおかしいな~って気づくんですけどね。

いい先生と出会えたことがとっても幸運でした。
手術してもすぐによく見えるようには、ならないかもしれませんが
ほおっておくともっと戻りが遅いので、決断の時でした。

icebergさんのコメント

No title

☆手術ができるということは「希望がある」ということですよね・・・
「手術そして経過」どちらも順調にいきますように!

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索