2010.01.27

黄斑上膜手術追記

今朝、病院から電話があり、担当の先生が画像を見てくださったところ、
手術はもう少し早いほうがいいかもしれない、とのことで
次回の診察の予約を1週間早めた。

私の眼の膜の張り方が、日に日に強くなって
網膜付近の血管を圧迫する。
そうすると、歪んで見えたりするのだが
手術の時期が遅れると、膜でひきつれた所が伸びないかもしれないし
もとの視力に戻るのに時間がかかる、というわけだ。

病気は生き物だな~と思う。
私の眼の中で膜が育っていてそれは日々悪さをしているのだ。
だから、何か自分の体に異変を感じたら
ちょっと調子が悪いだけと思わずに
早めに診断するほうが良いと思う。

そうすれば治りも早いだろうし、何より老後にそのつけは必ずやってくる、
年配の人から良く聞く話だ。
若い時にここを痛めたことがあって、それが寒くなると痛くなるのよ~、とか
きちんと治さなかった所が60~70歳代に悪化して普段の生活に支障をきたすとか、
今はまだ若いから大丈夫、と思っているあなた、
自分メンテナンス忘れずに。
この記事へのコメント
40~50歳には多いらしいですよ。
きっと気づかない人が多いと思うくらい最初は微妙に歪んでるんですよ。
だんだんおかしいな~って気づくんですけどね。

いい先生と出会えたことがとっても幸運でした。
手術してもすぐによく見えるようには、ならないかもしれませんが
ほおっておくともっと戻りが遅いので、決断の時でした。
Posted by reirei at 2010.01.29 23:35 | 編集
☆手術ができるということは「希望がある」ということですよね・・・
「手術そして経過」どちらも順調にいきますように!
Posted by iceberg at 2010.01.29 20:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する