2010.03.05

レミオロメン「花鳥風月」

5月の陽気、なんという暖かさ。
朝から布団を干し、洗濯し、大根を干し、庭木の剪定をする。
お天気が良いと仕事がたくさんあるね。

庭の隣の梅畑も満開で甘い匂い。

umemannkai.jpg

3月3日リリース、レミオロメンのニューアルバム
「花鳥風月」そしてこのDVDがまた素晴らしい。

最初、小林武史のプロデュースでいかにも美しく売れ筋のアレンジで
レミオはメジャーになったけど、どんどん閉塞感に陥っているようなところが
あった。
この10年目の記念アルバムは彼らのセルフプロデュースで制作されていて
1stアルバムの「朝顔」のような匂いのするレミオロメンらしさ満載のアルバムなのだ。
なんだろう、この昭和歌謡のような井上陽水やチャゲアスのような
フォークが出始めた頃の懐かしいメロディ。

でも古くさいというのではない。
藤巻君の歌詞とメロディが、今まで駆け抜けてきた自分をまっさらに表現していて
何の飾りも嘘も衒いもない。
ストレート勝負のすっぴんまる裸。
どんなジュエリーやドレスや化粧を纏うよりも美しく力強い。

そしてこのアルバムの曲順にライブのように演奏している映像がDVD。
ひとつひとつもだけど全ての曲を通して映画のように美しい場面が続く。
なんか久しぶりに感動的なDVDであった。

remiocd.jpg


5月から始まるツアーが楽しみなレミオロメン。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する