2010.04.19

裂き布で編むバッグ

目の具合は日々良くなっている。

裂き布の細編みでキャリーバッグを作った。
まず、1,5センチくらいの幅に裂いた綿の布で底を細編みで編む。

nunobag1.jpg

キャリーに合わせたサイズまで出来たら目を増やすのをやめて
立ち上げていく。
編み棒は10号。
握るように編み棒を持って腕全体で編むようにする。
それでも結構腕が疲れる。

nunobag2.jpg

持ち手も本体の続きでそのまま細編みで両側に付ける。
サイドにひもを四つ編みで付けて縛れるようにする。
カタチはいびつだけどエコクラフトのキャリーバッグの出来上がり。

nunobag3.jpg

このキャリー用鳥籠より少し大きめに編む。
あまりぴったりすぎると鳥さんが息苦しいもんね。
赤ちゃんの靴下を編んでいるお母さんのように
優しい気持ちになる。
お迎えの準備その1である。

バッグにかぶせの布をつけるか、タオルで覆うようにすれば
安心ね。

裂き布なので洗濯機で丸洗い出来るし買い物バッグにも使える。

nunobag4.jpg

持つとこんな感じ。
布なので少し重たいけど手作りのほのぼの感があると思う。


この記事へのコメント
この編み針は使ったことないのですが、楽ですか?

実際は風呂敷で包んでからこのバッグに入れると思うけど、カワイイでしょ。
でもすごいいびつです。

ちょっと気になる子がいて早く会いに行きたいな~。
Posted by reirei at 2010.04.20 22:33 | 編集
reireiさんの子になるであろう鳥さんへの愛情を感じます~

お迎えされる子は幸せだなぁ♪

糸によってはかぎ針は手が疲れますよね!
かぎ針 ペンEセット(http://www.clover.co.jp/search/index.shtml)だと、疲れも半減しますよ~



Posted by mikko at 2010.04.20 13:49 | 編集
いろいろ飼いたい鳥はいるのですが
今回は鳥さんが私を選んでくれるのでは?と思ったりしてます。

予算もあるけどね。

鳥って本当に不思議な魅力がありますよ。
Posted by reirei at 2010.04.19 22:35 | 編集
今度は、どんな鳥さんがやって
くるのでしょうね?
楽しみですね。準備も着々ですね。
Posted by ぐっちー at 2010.04.19 21:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する