裂き布で編むバッグ

2010-04-19

Tag :

目の具合は日々良くなっている。

裂き布の細編みでキャリーバッグを作った。
まず、1,5センチくらいの幅に裂いた綿の布で底を細編みで編む。

nunobag1.jpg

キャリーに合わせたサイズまで出来たら目を増やすのをやめて
立ち上げていく。
編み棒は10号。
握るように編み棒を持って腕全体で編むようにする。
それでも結構腕が疲れる。

nunobag2.jpg

持ち手も本体の続きでそのまま細編みで両側に付ける。
サイドにひもを四つ編みで付けて縛れるようにする。
カタチはいびつだけどエコクラフトのキャリーバッグの出来上がり。

nunobag3.jpg

このキャリー用鳥籠より少し大きめに編む。
あまりぴったりすぎると鳥さんが息苦しいもんね。
赤ちゃんの靴下を編んでいるお母さんのように
優しい気持ちになる。
お迎えの準備その1である。

バッグにかぶせの布をつけるか、タオルで覆うようにすれば
安心ね。

裂き布なので洗濯機で丸洗い出来るし買い物バッグにも使える。

nunobag4.jpg

持つとこんな感じ。
布なので少し重たいけど手作りのほのぼの感があると思う。

reireiさんのコメント

>mikkoさんへ

この編み針は使ったことないのですが、楽ですか?

実際は風呂敷で包んでからこのバッグに入れると思うけど、カワイイでしょ。
でもすごいいびつです。

ちょっと気になる子がいて早く会いに行きたいな~。

mikkoさんのコメント

かわいい☆

reireiさんの子になるであろう鳥さんへの愛情を感じます~

お迎えされる子は幸せだなぁ♪

糸によってはかぎ針は手が疲れますよね!
かぎ針 ペンEセット(http://www.clover.co.jp/search/index.shtml)だと、疲れも半減しますよ~



reireiさんのコメント

>ぐっちーさん

いろいろ飼いたい鳥はいるのですが
今回は鳥さんが私を選んでくれるのでは?と思ったりしてます。

予算もあるけどね。

鳥って本当に不思議な魅力がありますよ。

ぐっちーさんのコメント

とりさん

今度は、どんな鳥さんがやって
くるのでしょうね?
楽しみですね。準備も着々ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索