お勉強

2010-05-10

Tag :

小型の鳥と中、大型の鳥とは接し方がちょっと違う。
それで本を読んで勉強中。
最初が肝心だからね。
飼い主の接し方に一貫性がないといけない。
そして、この本によると鳥は「飼い主がウケると喜ぶ」っていうのがなんかいいね。
リアクションが大きい方がいいのかな?

book.jpg

いろいろと準備をしているが鳥かごに付いている餌入れが全くだめだ。
大きすぎる。
もっと小さい器でお皿のようになってないと食べにくいよね。
鳥の種類によって、またはその子によって適した器というものがある。
とりあえず、底に何か入れて浅くしてみようかな。

散歩をしながら鳥のとまり木になりそうな枝を物色。
w( ̄o ̄)w オオー!
いいツルがあった。
さっそくそのツルを持ち帰り洗って干す。
近所の人に「何するの?」と何度も聞かれる。
しばらくは枝を手に持って歩いている私を見かけることでしょう。

turu.jpg

reireiさんのコメント

>あちゃこさん

ハーネストレーニングしてみたいですね。
一緒にお散歩って楽しそうだし、
庭にも木があるので外で遊べたら
いいな~と思います。

まずは私の家に慣れてからですね。

はむぞ~ちゃんがドライブしてる所とか抱っこされてカワイイ。

しばらくは散歩に行くたびに木を物色するでしょう。笑)

あちゃこさんのコメント

私もその本持ってますよ~^^
面白いですよね。

おもちゃに良さそうなツルですね。
はむぞなら壊しちゃいそうだけど、ノアちゃんならよじ登って遊んだりできそうですね。

ノアちゃんはハーネストレーニングとかされる予定ですか?
まだ幼いのでハーネスに慣れてくれるかもしれないですね^^

お外をお散歩したりに慣れてくれると、度胸が据わるのか誰にでも友好的になってくれますよ~

鳥さんとのお散歩もすごく楽しいしね^^

reireiさんのコメント

>いんでぃさん

そうそう、杖を持っているとこけなくていいのよね。
って、ε=(>ε<) プッー!

「ウケると喜ぶ」

いんでぃさん、いい鳥ですね。

いんでぃさんのコメント

その枝って

杖のことじゃないですよね?


|_ ̄))コソコソ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索