大先輩のお通夜

2010-06-28

Tag :

金属の作家でいらっしゃるTさんが亡くなってお通夜に行って来た。
私の個展にも何度も来ていただき、いつもいたずらっぽいチャーミングな瞳で
笑っていらっしゃった。
Tさんの展覧会に行った時、私って冷え性なんですよね、と言うと
どれどれっと私の手を握った。
たくさんの作家たちとギャラリー関係者が大勢参列していた。
これほど誰からも愛された作家の方はいないんじゃないかな。
歳の若い作家の展覧会にもちゃんと来てくださった。

昨年末の私の個展にも来てくださってお話したのに。
こんなに早く逝ってしまうなんて。
本当に寂しい。
喪服には真珠のネックレスだけど、今日、私はお気に入りのTさん作の
ネックレスをしていった。

個展の時に「感想を伺ってもよろしいですか?」と聞いたら
「うん、いいんじゃないかな~」って微笑んだ。
自分は歳下の作家の人たちに何もしてないな~
ただ自分の作品を作ることに精一杯でそれさえもままならない。

今夜はTさんと一杯飲みましょう。

natutubaki.jpg

reireiさんのコメント

>せんせい

立ち位置は、両方でなければいけない歳だよね。
手本にはなれないけれど、制作を死ぬまで続けることが一番なのかな、と思う。

これからそういう方向で、まず一杯飲んでから精進しよう。

そのためには健康第一。(○'ω'○)ん?
ですね。

せんせいさんのコメント

>自分は歳下の作家の人たちに何もしてないな~
>ただ自分の作品を作ることに精一杯

私達の世代もそろそろ立ち位置を変える歳なのかもね。
と言うか両方(自身の成長と他人の手本)出来る人間になることを要求される歳だよね。

先人はいつの時も偉大に感じてしまう。


一杯飲んでる暇があったら(笑)、
少しでも近付けるよう精進するのが一番の供養かな

合掌

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索