2010.11.04

周防絵美子展

文化の日、お天気も良くて久しぶりに都内の展覧会巡りをした。

kuroihito.jpg

上野公園を歩いていると、なにやら箱の中から黒い人が出てくる
パフォーマンスに人だかり。

textile connection


まず、上野の芸大で開催中の
テキスタイルコネクション(11/7まで)
海外、国内14名のテキスタイルの作家の展覧会。
大きなタピストリーが並んでいたが、
海外組、特に韓国は綴れ織りでちょっと古くさい感じがする。
海外の作家の作品と日本の織りを並べるといつも感じるのだが
日本人のそれは繊細で技術がすぐれていて仕上げが美しい。

海外のものは荒削りなところがある。色彩感もおおざっぱだ。
図録で見るほうがよく見える。
反対に日本の作家のものは実物のほうがよい。

次に渋谷のBunkamuraミュージアムで開催中の(11/7まで)
美の潮流 五島記念文化財団20周年記念展
を見た。

今までの美術新人賞受賞者41名の展覧会。
絵画、彫刻、ジュエリー、映像、インスタレーションなど。
体育館で作成するのかな?っていうくらいの大きいパネル作品や
どうやって持ってくるんだろうっていうような重そうな彫刻、
粗大ゴミ置き場にありそうな(失礼)作品や、
音の出る気持ちの良い作品、

一番楽しかったのは、木村太陽さんの作品。
ヌードの女性の本のようなものが開いて置いてあるのだが
そのヌードの所にいろんな大きさの目がいっぱい。
彫刻刀で彫ったのかな?一番下のページの目に行くまで
穴ぼこがいっぱい。
そして目がいっぱい。笑

作っているご本人もすごく楽しそうな感じで素直に気持ち良い作品だ。

友人の周防絵美子さんの作品はミキモトで発表したコルクシリーズのリングたちだった。
同じものが個展で買えます。

suoemiko3.jpg

そしてその周防絵美子さんの個展
銀座の「ギャラリーおかりや」で8日まで開催中。
銀座4-3-5 銀座AHビル地下2F
11時~7時まで(最終日5時まで)

新作のコルクのネックレスやブレスレットもシンプルなんだけど
ちょっとプリミティブな力強さもあって魅力的。
何よりコルクの温かさが肌に柔らかく心地良い。

suoemiko1.jpg

そしてこちらは案内状にもなっているとっても素敵なネックレス。
プリンセス気分にさせてくれる夢のようなジュエリー。
銀座へお出かけになったら是非ご覧ください。

suoemiko2.jpg



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する