2010.11.14

プロとしての仕事

私の家のあちこちのいい加減な様を見てつくづく想うのだ。
「プロとしての仕事」の意味を。

私は屋根裏を覗くのが好きだ。
出来れば上がって自分であちこち直したいくらいだ。
定期的に押し入れに登って覗いている。

屋根裏を見ればツギハギだらけの梁。

ノアちゃん部屋のコンセントから隙間風がす~す~するのでおかしいな~と
コンセントをはずしてみるとぽっかり開いた壁の穴はかなりコンセントとずれている。
これじゃす~す~どころか、まるで穴だよ。
ちょっとした隙間を埋めるどころか、穴が大きすぎて埋まらないし、
とりあえずガムテープで隙間を塞ぎ、もう一度コンセントのフタをしっかり締め直す。

ひとつひとつの作業をするバラバラの人たちがなんていい加減な仕事をしているんだろう。
たとえ基本の家の大工がいい加減だったとしても、後からリフォームした業者の誰かは
ひとりくらいきちんとした仕事をしてもいいと思うが
ど~せ、コンセントのひとつくらい、とか
ど~せ、配線の位置くらい、とか
プロとしての仕事に対する誇りとか、仕事の心構えとか、心意気とか
そういうものは無かったんだろうか?

中古の家の場合長い年月が経ってかかわっている人がわからず、
継続して見続け管理する人がいない。
だから余計にひとつひとつの小さい仕事をきっちりとしてほしいものだ。

実家の家はとても上手な大工さんがひとりで建てた。
30年以上経ってもコンセントからすきま風なんてないし、基本的にしっかりしている。
知り合いの家の素晴らしさを見て父が同じ大工さんに、とお願いして建ててもらった家。
当時、引っ越して来てもまだ出来上がらなくてしばらく不便だったけど
その大工さんの仕事はやっぱり「プロ」だった。



この記事へのコメント
中古の場合、あっけらかんと駄目さを楽しむくらいの気持ちじゃないとやってられないかもしれません。
私の家も床下にきのこ生えてましたよ。笑)

だけど、どうしてこうもいい加減な仕事をあちこち
出来たもんだ?って思っちゃいます。
日本人ってそういうひとつひとつの小さい仕事でも
誇りを持ってやってきていたと思っていたのに。

自分だけいい加減でもわからないだろう、って全てが
駄目になってる気がしますよ。

それでも雨風しのげて家があるってだけで幸せですが。
Posted by reirei at 2010.11.15 20:11 | 編集
す~す~は 北国ならかなりキツイですね。

梁が無いとかいう地震に超弱い家も建ってしまうくらいだし、裏のお宅が立て直ししたらこの家が傾いてしまいテーブルの上でペンが転がる、ってこともあるようですし。
なんとも、安易な建て方をされてしまった建築物は珍しくないようです。

きっちりを求めるなら、ずっと長い付き合いも出来るし
梅雨や台風シーズンも冬でも安泰なんでしょうけどね

でも、住まいの修繕を楽しむという方法もあるみたいです。それは、老後の道楽であったり、自然を愛する野生児のような人だったり、じゃないとなかなかそうは出来ないんでしょうけどね。

長い海外赴任先から戻って中古の家を買ったら、その土地は竹が地下茎を伸ばしていて。という知人もいました。家の床から天井をつきやぶり伸びていたとか。それなのに、タケノコが毎年沢山採れると喜んでいたりします ^^;;;

住まいって、人同様に、色々ですね。
Posted by EmikoI at 2010.11.14 23:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する