手織りのバッグ

2011-03-01

Tag :

5月にバッグとスカーフの展覧会に参加することになったのだが、
バッグはとっても大変。
織って縫うのって時間と手間がかかっておまけにミシンで縫えない厚地になると
手縫いになる。
どうしましょ。
織りでバッグっていつも考えてしまう。
バッグとしての実用性とデザイン、大きさ、耐久性。
デザインが良くても変わった布でも
使い勝手が悪かったり、人や洋服を傷つけてしまってはいけない。
なかなか難しいのだ。

わざわざ織りのバッグが欲しい、というのはどういう時だろう、と考える。
そのバッグが自分の服装やおしゃれ、ファッションに合っている。
皮より布の方が好き。
人と違うものを持ちたい。

私が今考えているのは、あまり大きくないポシェットタイプ。
あまり大きくない、というよりも小さい小さい限りなく小さいタイプ。
実用性を考えたらデジカメポシェット。
これ何入れるの?っていうような小さいバッグを考えちゃうね。

問題は持ち手です。
いつもは皮の持ち手を使っていたけれど、布にしてみようかな?
頭の中はまだ混沌としてまとまらずあれこれと散らかっている。

reireiさんのコメント

>こうたろうさんへ

小さいポシェットも作りますが、A4サイズが入るくらいのも便利ってことで
そういう斜めがけ出来るバッグも作るつもりです。
がんばりま~す。

こうたろうさんのコメント

No title

デジカメポシェット、いいアイディアですね!
フツーにポケットに入れるとゴツゴツ、手に持つと片手がふさがってしまう、
そうこうしているうちになくなってしまうものです。
これから暖かくなってお出かけの際には必須のデジカメ、
オシャレな作品を期待してます!

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索