グレーの染色

2011-05-09

Tag :

スカーフ用のシルクの糸をグレーに染めた。
グリーンとグレーはとっても難しい。
染料でグレーがあるけど、そのまま染めるといやに青くさいグレーだったり
なかなかいい色にならない。
私は青と茶を混ぜてグレーに染めるのだが、この分量が非常に微妙。

ちょっと青っぽいグレーになったが涼しそうでいいかな?

gure.jpg

こつは少し薄めの濃度から自分の好みの色に近づけていくことかな。
もちろんデータ通りに計って染めれば同じような色になるはずだが、
0,05パーセントなどという小さい数字になるともうさじ加減の世界。

それと沸騰の時間によって色が変化していくので
40分後くらいにかなり違う色になることがある。

「ピンポ~ン」と誰かが来ても「今、手が離せません」と
集中してやらないと駄目。

私が台所で糸を染めている間、ノアちゃんはなんで遊んでくれないんだろうと
ぎゃんぎゃん鳴き通しでした。( ̄▽ ̄lll)
ノアちゃんは本当に甘えん坊。

reireiさんのコメント

>EmikoIさんへ

ノアちゃん、とっても甘えん坊で放鳥の時も
私の所にすぐ来てしまい、一人遊びをあまりしない
んですよね。
毎日、違う遊びを考えるのが大変。
最近は2階に行って外を眺めるのがすきみたいで
時々、家の中を散歩させます。

仕事に集中出来ないのがちょっと悩みかな?

木漏れ日の中でモバイル、っていうのも流行るかも
しれませんね。
私の生活はあまり変化ないですが、ノアちゃんがくっついた、って事だけかな?笑

EmikoIさんのコメント

自然に抱かれて

ノアちゃんとってもreireiさんのこと慕っていますよねー
集中して創作するために、
心を鬼にしているというところでしょうか!!
自然の中でそういった作業するというのは
オフィスワーカーな暮らしをしていた人間には、
羨ましく感じます。

節電が求められている今、
公園や林、川原、空き地などへ
林間学校みたいに出かけていって
モバイルで作業するもありだよなぁと思いました!
木漏れ日と風のもと、
いい仕事が出来そうじゃない・・・

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索