織り終わった~

2011-07-21

Tag :

うさぎさんのお耳を案外早く織り終わった。
織っている間とても楽しくて終わってしまうのが残念、って思えるくらい
楽しかったのだ。
好きな色で織るっていうのはカラーセラピーなんだな。

20110721tapi.jpg

もっともっとず~っと織っていたいと思う。
今回は本当に織るのが楽しかった。
昨日の夜から涼しかったので一気に織ってしまった。
本当はずっとこのようなタピストリーを織り続けたいのだが、
11月の個展は販売にも力を入れなくてはいけないから
帽子とかマフラーも織らないとね。
でも、来年のタピストリーを織りたい気持ちが私の体の中にむくむくと
うごめいているので引き続き創作意欲満々で臨めると思う。

最近のノアちゃんとは会話も成り立っているし、口に出さなくても
私の感情の動きを私よりも早く察知して表情に見せる。
その表情を見て私の方が「あれ?私今悲しそうだった?」と聞き返すくらい。
口笛で歌っているノアちゃんの歌は自分で作曲してるみたい。

reireiさんのコメント

>こうたろうさんへ

織っている時はキレイな色だと思ったんですが
よくよく見ると少し怖い感じもします。
原発や地震もこの織りの中にあるようで
雲の色はただ自然の色ではなくて、
はかりしれない恐怖の色になってしまいました。

放射能が目に見えない所がこの色の怖さなのかも。

こうたろうさんのコメント

素敵な織りですね~
納涼感と爽快感があって私も好きな色です。
ウチのワンコのお耳、小鳥の広げた翼にも似ているので親近感があります。
真夏のちょっとした恵みの涼しさ、省エネにも人間のリフレッシュにもなりました。。。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索