2011.12.30

2011年

あわただしく年末を迎えてもうすぐ2011年が終わる。
3月の震災以来、歌う人は歌えなくなったり、作る人は作れなくなったり、
誰もがいつもの自分の仕事が出来なくなったり、
こんなことをしていていいのだろうか、と真っ白な空間の中で
さまよった気がする。

失った命や街や時間は取り戻せなくて
いつまた同じような地震や災害が来るんだろうかという不安で
眠れない日々も続いた。

それでも生きていく。
だけどやっぱり震災の前とは生きる意味が全く変わった。
瞬間の時間がいかに尊いものかみんなそこに気づいた。
今までは明日でいいや、とかあとでやればいいと思っていたことが
明日は必ず来るけど今日と同じ明日じゃないこと、
今日あったものが明日必ずあるとは限らないこと、
今のこの瞬間の時間がいかに貴重なものか、時間の質というか密度が
変わった。

私は2年に1度の個展をマイペースで続けていたけれど
来年も個展をする。
織物生活が25年、毎年新しい発見がある。
慣れないで、次の制作に進みたい。
この記事へのコメント
新年になりました。
今日も地震がありましたね。
まだまだあの地震は続いてていつ同じようなことが
起こってもおかしくないと思います。

だからこそ前より、今日、今という瞬間が大事に思えるように
なりましたね。

ノアちゃんのためは私のため、それはきっと全てのためなんでしょう。

たったひとつの命を大切にできないで何ができるでしょうか、って思います。

だから毎日私も感謝の気持ちでノアちゃんと過ごします。
Posted by reirei at 2012.01.01 19:19 | 編集
あの地震がもたらしたものは色んな人の人生にとってとってもインパクトがあったと思います。
立ち直れない人もいると思います。
私は揺れた時は勤務中でしたが生まれて初めて死の恐怖を感じました。
今でも不安ですし放射能への恐怖は今後も拭えません。
生きることはつらい、でも前を向いて進まなければならない。
葛藤中の私にとって、れいれいさんとノアちゃんは私にとって勇気付けられることでした。
必死に一日を生きていること、日々感じていることが伝わってきました。
本当にありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。
Posted by こうたろう at 2011.12.31 00:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する