2012.01.06

日本クラフト展

丸ビル7階で開催中の「日本クラフト展」を見た。

陶器、織り、木工、硝子、金属、ジュエリ、一度にいろいろな分野の方の作品を
見ることが出来る。
久しぶりにクラフト展を拝見したけど、とても楽しい展覧会だった。

織物に関しては軽い感じのスクリーンが主流で私たちが織っていたような
タピストリーはほとんど無かった。

印象的だったものは優秀賞を受賞された、丸山きよみさんの棕櫚のバックだ。
シュロってすごく固くてこれをどうやってあのような素敵なバッグに組み完成されたのか
それまでの技術も確かなものだったと思うけどシュロで作ることにきっと長年挑まれて
この作品に至ったのだろう、というのが驚きだ。

そして丸山さんの年齢が確か73歳と書かれていた。
すごいなぁ。
受賞されたバッグではないコロンとした丸い籠がとてもかわいかった。

1月6日まで東京丸の内の丸ビル7階で開催。
最終日は16時までです。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する