ノアの気持ち

2012-02-15

Tag :

ノアが反抗期というよりも、成長のひとつの段階だと思われる。
日々の記録をつけているので、いつ、どんな時になぜ噛むのか、なんとなくわかった。
ノアが怒って噛むのはだいたい朝の放鳥の時なのだ。
そして、ノアは私が外出するのがわかるようなのだ。
ひとりぼっちの寂しさか、イライラか、やるせなさか、不安感か
そんな感情で噛むような気がする。

夜、放鳥する時に噛んだことがないのは、もう私が出かけることがない、と
わかっているからだろう。

ぼあぼあに膨らんで怒って、私が機嫌をとろうと、
ノアの大好きな胡桃をちらつかせて、
「ほ~ら、食べる?」と言っても
ノアは怒ったまま食べようとしないのだ。

へらへらと「食べる、食べる」などと言わないのだ。

ノアって男らしいなぁ。誇りを持っているのだ。
自分の感情に対してぶれのない筋を通しているのだ。
そういう強情な部分もとても愛おしいと思う。

ノアも我慢していることが多いのだろう。

噛みたい気持ちを我慢したり、押さえきれなかったり、そんな微妙な心の揺れを
毎日見落とさないようにしたい。

reireiさんのコメント

>こうたろうさんへ

ノアの感情は手に取るようにわかる気がします。
それでも、あまりきつきつにならないように
私もおおらかに接したいと思うのですが、
なかなか難しいです。

こちらの気配をすぐに察知するので、自分もしっかりしていなくては、
と思います。

私がぶれないようにしなくちゃいけないんですけどね。

ノアと接していると「修行」してる気がしますよ。

こうたろうさんのコメント

観察力と感受性の強さは女性らしさゆえのものなのでしょう。
私だったら今日は機嫌が悪いんだなとそれ以上は深追いはしません。
鳥といえども日々のバイオリズム、体調の変化に感情を正直に表すのかもしれませんね。
以前にも心のキャッチボールのやりとりを何回か拝見しましたが、世界はとてつもなく深いようですね。
会社でのストレスを家に持ち込むな、私がノアちゃんに言われてるような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索