震災から1年

2012-03-10

Tag :

昨年の3月11日東北大震災から1年。
奇しくも名古屋での展覧会が明日までで、私が作った2枚のタピストリーは
物語のように感じられる。
漠然とした不安から抱いていたカタチを「まあるひ想い」で描き
そしてあまりにも大きな犠牲を強いた震災を体験し
「Heart」になった。

余震が続く不安な日々、まだいつ起こるかもしれない地震。
今まで生きてきてこのような不安定な気持ちを抱き続けたことはない。
物の豊さ、欲望、価値観、持っていることの空虚さ、
生きていくことって何?

シンプルなこと
自分で何とか出来ること
健康なこと
強い気持ちを持つこと
上を向くこと


まだまだいつ地震がどこで来るのかわからない。
大事なことは自分の体を鍛えておくことね。

reireiさんのコメント

>こうたろうさんへ

長かったようで短いのか、短かったようで長かったのか。
日本のどこで起きてもおかしくない地震。
私たちのスパンは確実に短くなって、あまり先のことは
目指していない。
ただ、次の世代に伝えるものをまじめに考えていかなくてはって思いますよね。

テキスタイル展、終了しました。
あっという間でしたね。
反響、どうだったかな?

こうたろうさんのコメント

今日で一年がたちました。
あの震災が人々にもたらしたものはなんでしょう。
何の罪もない人たちを悲しみの淵へ飲み込んでしまったことは忘れることができません。

テキスタイル展お疲れ様でした。
反響はいかがだったでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

reirei

Author:reirei
京都とフィンランドで織物を学び、絵画的なタピストリーやマフラー、テーブルリネン、帽子などを製作、発表、販売しています。
フィンランドのクビカス織りという技法で森やうさぎのモチーフのタピストリーを製作しています。
作品等はリンクの「アトリエ森響舎」をご覧ください。

ギャラリーでの展覧会のほか、注文制作も承ります。

2010年5月にアケボノインコの男の子をお迎えして毎日が育児。

好きなもの
「藤巻亮太」
「庭仕事」「カンテレ」「オカリナ」
コザクラインコ(ぴーち)2009.10永眠
アケボノインコのノアちゃん 2010.5.23お迎え

Reiko Kato

リンク

web shop

webshop(ACギャラリー)

amazon

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

アフェリエイト

モラエルタメセル





LOHASなスィーツ

野菜がおいしすぎてびっくり。



私も使ってる便利な落としブタ


地球に優しい生活用品



ブロ友申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索